CORRER by assort | Konno 作品を撮る上で大事にしてること。
18238
post-template-default,single,single-post,postid-18238,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-14.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

Konno 作品を撮る上で大事にしてること。

Konno 作品を撮る上で大事にしてること。

こんばんは金野です。

今日は最近撮影した写真から

何を大事にしてるかを書こうと思います。

まず僕の中で『作品撮り』と『撮影』を分けています。

『作品撮り』

これは、自分は美容師という立場から

カットやカラー、パーマをして

デザインを作った上で写真を撮ること

『撮影』

これは僕はヘアメイクすること

要するに髪を巻くだけだったりメイクしたりすること

これはあくまで自分で決めたルールなのでどれがいいとか悪いとかの話ではないです。

単に僕自身が美容師という立場で表現の最大は

リアルなカットやカラー、パーマだと思うから

ハサミを使って、カラーを塗って・・・etc

これが大事なことだと思うからです。

今回はウェーブスタイル

大事にしたのはいかに柔らかく髪が動くか

もともと癖がある子なので

すきすぎると膨らみそうなので

ハサミで間引くようにカットし

表面はウェーブが立体的に動くように質感をつけてます。

くせ毛の方はベースをいかに綺麗に切った上で質感を作るかが大事になります。

前髪も内側の癖が強かったりするので癖と癖がぶつかってまとまらない感じになっていました。

それを間引きながら自然な束感が出せるようにカットしました。

あくまでもサロンワークの延長なので

モデルさんが生活してる上で扱いやすかどうかが大事です。

あとはどこの毛が動くと可愛いか

こういうのをデザインしてカットします。

今回はカラーもしました。

退色しきってオレンジ味が多く

傷んで見えていたので

ラベンダーアッシュでツヤを出しとオレンジみを消し

綺麗な透け感のあるアッシュカラーにしました。

1つのスタイルを作る上で

サロンワークと同じように施術してやるからこそ

美容師ができる最大限の表現になるし

よりリアルなものになると思っています。

1枚1枚のスタイル写真に想いを込めてすることが大事です。

これからも変わらない気持ちで発信していきます。

konno

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.