CORRER by assort | Konno ヘアカラー紹介
17994
post-template-default,single,single-post,postid-17994,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-14.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

Konno ヘアカラー紹介

Konno ヘアカラー紹介

こんばんは!

今日はこんな話!

ヘアカラーについて一つ一つ説明しまーす!!

パープルグレージュ

・ただ赤みを抑えるだけじゃなくパープルを入れることでツヤと黄色味も消し上品なグレーベージュにします。

ダークアッシュにインナーカラーでホワイトグレージュ

・ベースはプラチナとダークブルーでしっかりくすませて暗くします。

インナーに2回ブリーチをしてホワイトグレージュを乗せてコントラストをつけます。

ポイントはベースもインナーカラーも絶妙なバランスでパープルを混ぜることで綺麗なヘアカラーになります。

ダークパープルアッシュにインナーハイライトでシルバーアッシュ

・ベースはダークパープルでインナーにトップに行くにつれて細くなるようにハイライトを入れて、シルバーアッシュを入れました。

どの色を目立たせて、どの色を消すかがポイントになります。

赤みを抑えたオリーブアッシュカラー

・色を濃く入れて緑色を強調するのではなく赤みをあくまでも消すことに目的を置くので

くすみすぎず柔らかいベージュカラーになります。

ダークマットアッシュ

・こちらは先のものと違い、色味で暗くするのが目的なのでとても濃いマット、ブルーが入ってます。

ブラウンやベージュ系の色味を使って暗くするのがベーシックですが透明感が出にくくなるので

色味を多く使っています。

 

 

色味多く深く入れる→透明感たっぷりで、色もち弱め

ブラウンやベージュ系のカラーメインで暗く→色もちいいが透明感や色味の印象が弱くなる

このようにヘアカラーは目的や特徴があって、それに合わせて作ります。

様々なことが対応可能なので

ヘアカラーする際はどんどんわがままや直感的な要望をください!

そこから満足するヘアカラーをしていきます!

STYLIST KONNO

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.