CORRER by assort | ちょっといいお話
17755
post-template-default,single,single-post,postid-17755,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

ちょっといいお話

ちょっといいお話

みなさん、こんにちは!

assistantのmariaです。

肌寒くなってきて秋を感じる季節になりましたね。

秋になると私はちょっといいものが欲しくなります。

そこでわたしが最近知った

エルメスのバッグのちょっといい話

パリ郊外にあるレザー工房では

職人はそれぞれイヤホンで音楽を聴くなど、自分の世界に入りながら

目の前の仕事にひたすら没頭しているそうです。

それには理由があります。

一つのバッグをつくりあげるのに最初から最後まで一人の職人が作りあげるからです。

縫製、バラージュ(削ぎ)、ロウ留めなど、バッグによるとはいえ膨大な作業があります。

職人は二年程度のトレーニング後、工房に入り一通り作れるようになるには十年かかるそうです。

どの製品にも仕様書が存在しているのですがそれを見ている職人は一人もいなく

みんな工程や注意事項を頭のなかに完璧にインプットしているそうです。

ボリード、ケリー、バーキン、、、

これがエルメスのバッグとゆうことを知らない人はあまりいないですよね。

ですが一つにバッグにしてもこんなバッググラウンドがあることを知っていましたか?

みなさんも普段自分の身に着けているものについて

色々しらべてみてくださいね。

そうすることでいつもと違う価値観や

自分が本当に大切にしなくてはいけないものが

見えてくるかもしれませんね。

それでは本日もCORRERでお待ちしております。

assistant maria

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.