CORRER by assort | 紫外線と髪の毛の危ない関係
16200
post-template-default,single,single-post,postid-16200,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

紫外線と髪の毛の危ない関係

紫外線と髪の毛の危ない関係

こんにちは!

stylistの金野です。

5月に入り、暑くなってきましたね。

この時期は、何の時期か知ってますか?

一年で一番紫外線が厳しくなる時期なんです。

日焼け止め塗らないと・・・・そんな風に思う時期ですよね。

肌に紫外線が当たると、シミ、そばかす、日焼けで黒くなるなど

いろいろと肌トラブルが起きやすいですよね。

皆さん

髪の毛と紫外線の関係はご存知ですか?

最近だと髪の日焼け止めも発売してたりしますね。

今日はこの紫外線と髪の毛の危ない関係について書きます。

まず紫外線の特徴から

ちょっとマニアックにな内容も含みます。

さて

三種類あります。

UV-A・・・太陽から届く紫外線のうち大部分(95%以上)を占めています。
UV-Bほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康影響が懸念されます。
窓ガラスや雲も透過して肌の奥まで届きます

肌の奥の細胞まで届くので、長い時間をかけてコラーゲンとエラスチンを変性させ、肌のシワやたるみを招きます。

UV-B・・・

ほとんどは大気層などで吸収されますが、一部(約5%)は地表へ到達し皮膚や目に影響を与えます。(窓ガラスである程度はカットされます)日焼け、皮膚がんの原因となります

UV-C・・・オゾン層などで吸収され、地表には到達しません。

SPFなどはUV-Bがどれほど防ぐかを示してます。

では髪にどのような影響があるか・・・

毛髪は紫外線により乾燥、強度の低下、表面の粗雑化、色素や光沢の消失などの影響を受けます。
しかし、仕組みは詳しく解明されていません。

通常、紫外線が毛髪に当たると紫外線は吸収され、毛髪を構成しているアミノ酸が酸化されて別の物質に変化してしまいます。こうなることで、毛髪を構成しているケラチンタンパクがダメージします。

また毛髪のS-S結合が切れ、酸化によってシステイン酸が生成することでも毛髪がダメージします。
プールや海水浴などで髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとシステイン酸の生成が加速され、さらにダメージが大きくなります。

S-S結合とはパーマなどをかける時に関係のある結合です。

それが酸化することで

髪の中のタンパク質が不安定になり傷んでしまいます。

表面のキューティクルも焼けてしまい

中からカラーの色味が出てしまい褪色の原因にもなります。

まとめ

肌と同じくらいに髪の毛も紫外線から守ってあげなければ

綺麗な髪の毛、髪色を保つことができなく

暖かくなり髪の毛で遊びたいのにダメージで何もできないなどのトラブルになったりします。

対策

ではどの様になものを使えばいいでしょうか・・・

シンプルにオイルが良いと思います。

correrですと

シツドプロテクトオイル

506a9803-7e8c-4f77-8f4c-f88a0b87c8aa

がオススメです。

以前も紹介しましたが

(↑オイルの説明ブログに飛べます)

擬似キューティクルをつけることでキューティクルを健康的に保てるので

シンプルに紫外線に強くなるのと、傷んだキューティクルを修復していきます。

この様に普段浴び続けてる紫外線

意外と普段の髪の悩みに直結してます。

肌だけでなく髪の毛も守っていきましょう!

金野

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.