CORRER by assort | KONNO 多毛くせ毛の扱いやすい髪の毛とは
18018
post-template-default,single,single-post,postid-18018,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-17.1,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-5.6,vc_responsive

KONNO 多毛くせ毛の扱いやすい髪の毛とは

KONNO 多毛くせ毛の扱いやすい髪の毛とは

金野です

ヘアスタイルにおいて扱いやすい状態とは何かについて書きたいと思います。

綺麗に切ることやデザインは似合ってることは大前提にして

量感についてです。

まず

骨格や髪質によってアプローチが変わってきます。

頭の形がよく癖もなく細い髪の人はベースを綺麗に切って毛先を柔らかく質感を入れるだけで十分だったりもします。

扱いやすさを求める人は
比較的、癖が強いや量が多い

こう言う人が多い印象です。

そう言う悩みの人には必然的に量を取る、梳くと言う行程が必須になります。

要するに適切な量感調整がイコール扱いやすい状態と言えるでしょう。

量を減らすと言うことになり
嫌な思い出になった人が多いとおもいます。
スカスカになるのは仕方ないと諦めてないですか?

量が多く、膨らんだり細かい癖に悩んでる方

色々手段があります。

1、どこの髪をとって残すか
これは視点を変えて
量を取るではなくどのように髪を残すか

ここに焦点を当てます。
間引いて取るのかすきバサミで取るのかなど
あくまでも全体のシルエットや伸びた後のイメージを大事にして
いらないところだけしっかり取る方法です。

ヘアスタイルについて理解がないとできなし感覚が大事になってきます。

顔まわりなどの毛を軽く作ってあげて抜け感を出すのも効果的です。

2、髪質改善ストレートやトリートメントをする
そもそもの髪を扱いやす状態に変えてしまう方法です。

膨らみの原因になってる細かい癖や、水分に影響受けやすい部分を変化させてボリュームダウンをします。
ケミカルになるので多少は髪に負担がかかりますが、修復力が高いTOKIOトリートメントを並行しておこないケアすれば手触りも最高のものになります。

3、正しい髪にあったヘアケア剤を使う。

 

これは過度な洗剤成分などで髪が乾燥しすぎて無駄に収まりが悪くなってる場合があります。

今自分の髪質は実はもっと綺麗な髪なんだと実感してもらえると思います。

どのような物が合ってるかはお店でお伝えします。

この3つを使うことで必要以上に髪を減らさず
シルエットを整えれば伸びて扱いにくいと言う状態になりにくいです。

 

 

 

 

髪に悩みがある方も是非ヘアスタイルをお任せください。

金野

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.