CORRER by assort | ホームケア トリートメントの正しい使い方
16153
post-template-default,single,single-post,postid-16153,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

ホームケア トリートメントの正しい使い方

ホームケア トリートメントの正しい使い方

こんばんは

スタイリストの金野です

ダメージと髪の毛ついて書きます

前にダメージするということについて書きましたが

皆さん

髪がダメージすればするほど乾きにくくないですか?

なかなか乾かなくて

やっとの思いで乾かしてもバサバサ・・・・・・

こういう経験ありませんか?

本日いらっしゃったお客様も同じことを言ってました。

毎回パーマしている方

ブリーチでハイトーンの方

特にこの状況になるかと思います。

それはなぜか・・・・

髪の毛はダメージすると水と仲良くなります

親水性になります

水をたくさん吸って

乾くと同時に出し切る

髪が正しい水分を保っていられなくなる訳です。

元気な髪の毛は12から14%の水分を保ちます。

カラーもパーマもしてない髪がすぐ乾くのも髪自体が水分を正しい量に保つことができるからです。

ダメージすると6から8%まで下がります。

この状態では

ダメージをケアするのにトリートメントしてもなかなか効きにくいのです。

ではどうすればいいのか・・・・

お店ではシャンプーをかえてくださいとお伝えしていまして

それは大前提でお話します。

まず

重要なのは髪の水分量です。

シャンプー後、トリートメントする際まず水気を切ってください。

そして

トリートメントを揉み込んでください。

 

イメージは髪に吸い込みすぎてる水分を出してトリートメントの栄養を押し込む感じです。

最初は水分が出てくるのですが、揉み込んでるうちにグチャグチャと触感が変わってきたら成功です。

ただ着けて流すだけでは、親水性の髪の毛には浸透しづらいのです

髪の中は余計な水分でいっぱいです。

ただ表面についてベタつきの原因なったりもします。

髪に合わせて正しいケアが大事なのです。

一手間加えるだけで効果も変わってきます!!

これから紫外線が強くなりダメージが気になる季節になっていきます。

より効果的なケアをしていきましょう!

konno

写真変わりました・・・・

老けたって言われます・・・

もう28歳

金野でした

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.